« 快適「ひとり暮らし」マニュアル(ライフマネジメントオフィス) | トップページ | ユダヤ人大富豪の教え〈2〉(本田 健) »

松下幸之助の見方・考え方

今日読んだ本は『松下幸之助の見方・考え方―ビジネスの王道はこうして歩め!" title="松下幸之助の見方・考え方―ビジネスの王道はこうして歩め!』

ある経営者の言葉にいわく
「金儲けは易しい。だがビジネスは難しい」
その違いを聞かれていわく
「ビジネスとは、社会のためになるサービスを提供することだ」
とのこと。

経営の神様とも言われる松下幸之助。
1代にして松下電器を築き上げた彼の成功哲学を探る本である。

松下幸之助さんしかり、斉藤一人さんしかり、私は「商人」というものを強く尊敬する。

彼らには、一流の商人としての「プロ意識」がある。
お金にこびず、権威に屈せず、「自分は最高のものを提供しているのだ」という自信がある。
我を張らず、時代に流されず、「社会に利益を与える仕事をしているのだ」という誇りを持っている。

はっきり言ってあこがれる。
今の世の中に、彼らのような「商人としての誇り」を持った人がどれだけいるだろうか。
目の前の納期を犠牲にしてまで、完璧な製品を作ることに命をかける人がどれだけいるだろうか。

私も彼らのようにあるべきだと思うし、そうありたいと思う、そしてそうなれるようにしていきたいと思う。
そのためには行動だ。悩んでいても始まらない。道は人の歩んだところにできるのだから。



松下幸之助の見方・考え方―ビジネスの王道はこうして歩め!


Book

松下幸之助の見方・考え方―ビジネスの王道はこうして歩め!


販売元:PHP研究所

Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 快適「ひとり暮らし」マニュアル(ライフマネジメントオフィス) | トップページ | ユダヤ人大富豪の教え〈2〉(本田 健) »

コメント

私も経営者に憧れを抱いています。世の中の役に立つ仕事をし、自他同然になる。というの哲学は、全ての人に必要なのかもしれませんね。

投稿: shimokawa | 2007年3月 1日 (木) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 快適「ひとり暮らし」マニュアル(ライフマネジメントオフィス) | トップページ | ユダヤ人大富豪の教え〈2〉(本田 健) »